抗酸化ビタミンとポリフェノールの影響によって老化を防ぐ

抗酸化ビタミンとポリフェノールの影響によって老化を防ぐ

肌の弾力を保つためにはハリや潤いを維持することが大切ですが、化粧品などを使用して維持しようとしても肌の衰えを止めるのは至難の技だとされています。

 

とくに女性の肌の衰えは深刻とされていてシミやシワ、たるみなどが増えることで精神的なストレスになって、外出回数が減ったり、人とのコミュニケーションをとることが嫌になるなどの悪影響があります。

 

肌の弾力を維持するために一番重要だとされているのが食事で食べる肉の量を減らして、魚や野菜、果物を多く食べるように心がけることで、魚に含まれているDHAなどのオメガ3脂肪酸や野菜や果物に含まれている抗酸化ビタミンとポリフェノールの影響によって老化を防ぐことができます。

 

細胞レベルで老化を防ぐことができるといつまでも若々しい肌を保つことができるので、見た目だけでなく、体の内側も健康的になることができます。女性にとって肌は心に与える影響が大きいので毎日のケアによって、いつまでも若々しい肌を保つことは人生における大きな問題でもあります。

 

肌を若く保つために必要な抗酸化物質のポリフェノールには様々な種類がありますが、とくに肌に良いとされているのが、ブドウやサンタベリーに含まれているレスベラトロールという成分です。この成分はワインにも多く含まれているので肉を多く食べているフランス人が健康な血管を維持できる要因の一つともされています。

 

レスベラトロールは細胞の老化を防止して寿命を長くする働きがあるとされていて、高カロリーの食事を続けていても細胞が老化しないという効果が世界的に注目されています。現在では老化を防ぐことができるということで化粧品に配合されたり、サプリメントなどに加工されていますが、ブドウやサンタベリー、アーモンド、ココアなどにも含まれているので毎日の食生活の中にこれらの果物やナッツ類をプラスするだけで肌の弾力を維持して、シミやそばかすができにくい肌を手に入れることができます。