アンチエイジングの基本はクレンジングと洗顔

アンチエイジングの基本はクレンジングと洗顔

アンチエイジングに関する、スキンケアが話題になっていますが基本はクレンジングと洗顔です。

 

メイクがしっかり落ちるように、しっかり時間をかけている方もいますね。
スキンケアのなかで、クレンジングが肌に負担なのはご存じでしょうか?

 

油性のメイクを落とすためには、クレンジングは必要ですが界面活性剤が多く含まれています。
毛穴の黒ずみをとろうとごしごしこすったり、ブラシで肌を傷つけることがないようにしましょう。
優しく手早くメイクを落とすことが、大切です。

 

肌にやさしいタイプは、クリームやジェルタイプでオイルは刺激があります。

 

肌の中でも、強い部分Tゾーンにクレンジングを載せて、指の腹を使って
メイクとなじませていきます。

 

次にUゾーン、最後に目元と口元を丁寧になじませます。
最後は、ぬるま湯でしっかりとすすぎましょう。

 

ポイントメイクが落ちない場合は、専用の化粧品でコットンで落としておきましょう。

 

クレンジングのあとは、洗顔も大切です。

 

クレンジングだけで、すぐに化粧品を使う方もいますが洗顔で汗やほこり、汚れが落ちます。
洗顔料には、いろいろなタイプがありますが潤いを残すタイプのものより汚れを落とすタイプがシミやしわなどアンチエイジングには効果的です。
肌表面の皮脂を、残しておくと酸化して活性酸素を増やすからです。
潤いタイプは、油分が含まれ洗顔後に油分が残ります。

 

シンプルな固形石鹸は、皮脂や油分を残さないので人気です。

 

洗顔は、しっかりと泡立てて肌との間にクッションを作るような気持でやりましょう。
こすったり、マッサージの必要はありません。

 

洗顔後は、すぐに化粧水をつけて水分を補給しましょう。

 

1日に何回も、洗顔する方がいますが肌に負担になります。
洗顔料は1日2回で、昼間に気になったときはぬるま湯で顔を洗いましょう。

 

洗顔の回数が増えると、肌のうるおい成分の、セラミドやNMFに影響を与えます。
肌で試してみて、刺激がない商品を選びましょう。