中高年になればホルモンバランスが変化するので薄毛になりやすく

中高年になればホルモンバランスが変化するので薄毛になりやすく

女性は薄毛にならないと思われがちですが、若いうちはならないとしても中高年になればホルモンバランスが変化するので薄毛になりやすくなります。女性の薄毛は放置しておくと分け目の部分のボリュームがなくなるので外出時に気になってしまうことがあります。

 

皮膚科を受診して男性のようにAGA治療を受けることもできますが、そこまでする必要がないと思っている人がほとんどです。また女性専用の育毛剤もドラッグストアなどに行けば手に入れることができますが、いつまで続くかわからない状態の薄毛に高いお金をかけるのは気が引けてしまいます。

 

治療薬や育毛剤などに頼らない薄毛対策としては、洗髪時などに行う頭皮マッサージがあります。このマッサージは頭皮を全体的にもみほぐすだけでなく、リンパの流れも改善するので、目の疲れや鼻詰まり、軽い頭痛が改善されることもあります。

 

マッサージをする前に知って置かなければならないのが、薄毛の原因で、これはただ単に男性ホルモンのせいにすることもできますが、実際には男性ホルモンによって作られるDHTという原因物質の働きが強まることで、頭皮にたくさんの脂肪が分泌されて、髪の毛の成長のじゃまをすることで細い髪の毛が増えて薄くなるというものです。

 

頭皮マッサージはこの頭皮の脂肪を除去するためのマッサージなので、費用もかからず簡単にできる育毛方法の一つと考えることができます。このマッサージの具体的な方法は、気になる部分の頭皮を親指と人差指、中指ではさみこむだけなので、洗髪後だけでなく、テレビを見ながらでも簡単にできます。

 

またこのマッサージは頭皮を指ではさみこむことで、毛根に詰まっている汚れや脂肪を取り除くというものなので、毎日2回から3回続けていると育毛の邪魔をする汚れや脂肪分がなくなるので薄毛の進行を止めることができます。

 

おすすめの方法としては、お風呂に入った時に、お湯で頭皮を15分ほどふやかしてからマッサージをするものでお湯によって温められて毛穴が開き、詰まった汚れや脂肪分が取れやすくなるので、より効果的に頭皮環境を整えることができます。